巻き爪・陥入爪

巻き爪とは
巻き爪とは、爪の端が巻いて内側に巻き込んだ状態のことです。爪が巻いて肉に食い込み、時には炎症を起こして、激しい痛みを伴います。

そのため靴が履けない、爪が切れないなどの悩みを抱えることになります。また痛みがひどくなると、正しい姿勢で自然に歩くことが困難になり、肩こりや腰痛などを引き起こすこともあります。痛みがなくても気になったら早めに対処しましょう。
陥入爪とは
爪の両端がとげのように皮膚に突き刺さり、痛みや炎症を引き起こす状態を陥入爪と言います。
主な原因
・間違った爪切り(深爪)
・爪への圧迫
・運動やスポーツ
・指先に重心のかからない歩き方をしている
・自分の足に合わない靴を履いている

肥厚爪

肥厚爪とは
爪が分厚くなった状態のことです。
長期間にわたって爪に何らかの物理的圧迫が加わったりすることで起こります。

爪肥厚になると、爪が割れやすくなったり、厚くなった爪の中が空洞になったり、剥がれやすくなったりしてしまいます。
主な原因
・間違った爪切り(深爪)
・爪への圧迫
・加齢
・爪のケア不足
・自分の足に合わない靴を履いている

かかとのひび割れ

主な原因
・足裏の古い角質層が厚くなる
・細菌による感染
・サンダルや薄い靴下による足裏への負担

魚の目、タコ

魚の目の主な原因
・足に合わないサイズの靴を履いている
・ハイヒールなどの先端が狭い靴を履き続けている
・立っている時の姿勢が悪く、足にかかる体重が偏っている
・痛みをかばって歩くなど、歩行時の加重バランスが崩れている
タコの主な原因
・足に合わないサイズの靴を履いている
・開張足、扁平足、外反母趾、巻き爪など足に特徴がある
・体の歪みや歩き方に癖がある
・足の角質がたまっている